Zilarvir ジラビル製品情報サイト(コンビビル ジェネリック)

商品名 :ジラビル(Zilarvir)

主成分:ジドブジン(Zidovudine)ラミブジン(Lamivudine)
剤形写真

 

この薬の作用と効果について

HIV-1逆転写酵素の活性を阻害し、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の増殖を抑制して、免疫機能の低下、体重減少、リンパ節腫脹や日和見感染症など病気の進行を遅らせます。
通常、HIV感染症の治療に用いられます。
 

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。B型慢性肝炎がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

 

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、食欲不振、貧血、吐き気、下痢などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 全身倦怠感、発熱、出血症状(鼻血、歯ぐきからの出血、手足の皮下出血)[再生不良性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、貧血、白血球減少、好中球減少、血小板減少]
  • 過呼吸、意識障害、手足の震え[乳酸アシドーシスおよび脂肪沈着による重度の肝腫大(脂肪肝)]
  • 激しい上腹部の痛み、腰背部の痛み、発熱[膵炎]
  • 筋肉の痛み、脱力感、赤褐色尿[横紋筋融解症]
  • 筋肉が発作的に収縮する、意識障害、逆行性健忘(発作前の意識がない)[ニューロパシー、錯乱、痙攣、てんかん様発作]

 
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。