Zilarvir ジラビル製品情報サイト(コンビビル ジェネリック)

What Is PEP (Post Exposure Prophylaxis)


 
by.Planned Parenthood

曝露後予防とは何か?
Post Exposure Prophylaxis:PEP

PEPとは、曝露後予防(post exposure prophylaxis)の略語です。HIVに感染したかもしれない行為の後(曝露後)72時間以内に、抗HIV薬(HIVに対する治療薬)の内服を開始して、HIVに感染するリスクを低下させる予防策のことをいいます。
早く始めるほど効果的です。時間との勝負になります。PEPの詳細はこちら:https://www.plannedparenthood.org/lea...

PEPは、自分自身がHIVに感染もしくはその可能性がある場合、後に緊急薬を服用することを指します。PEPは、HIVに感染してから72時間以内(3日以内)にHIV感染を予防するために抗ウイルス剤が投薬されます。性行為中にHIVに感染されたり、HIV陽性の人と一緒に針に触れたと思われる場合は、PEPの対象になります。早くPEPを始めるほど、効果は高まります。時間との勝負です。しかし、PEP治療をするには、医師の処方箋が必要です。PEPの必要性がある場合、できるだけ早く医療機関に訪問されることをお勧めします。
PEPが開始された場合、治療薬の内服を28日間続ける必要があります。
PEPで使用される抗HIV薬は、嘔気などの副作用を起こすことがあります。副作用の多くは、制吐剤などで軽減できる程度の軽度なものです。
PEPはHIV陽性になる可能性を大幅に低下させます。しかし、必ず予防できる保証はありません。詳しくは専門医とご相談ください。
 

費用の課題

PEPの治療が広がりにくい原因にコストの問題があります。日本では現在保険適用外の自由診療扱いとなり、先発品のコンビビルの場合費用は合計25〜30万円くらいかかります。
HIVというシビアな問題なため、海外で治療渡航、ジェネリックを選択される方もいます。

PEPにジラビルを用いる場合

 
ジラビル錠1回1錠 1日2回を28日~30日間連日投与